ホーム » 当院のご案内 » 医師のご紹介

院長のご紹介

院長
院長 高柳 直己(たかやなぎ なおき)
Naoki Takayanagi
昭和28年2月25日生まれ

 

ごあいさつ

当院では、小児の患者さんを診ておりますので、患者さんご自身の健康回復はもちろんのこと、お母さんの立場に立って、出来るだけ不安を取り除く診療が出来るようスタッフ一同、日々努力しております。

 

診療の特徴

一般外来とアレルギー外来は月曜日から土曜日まで毎日対応しています。

 

院長の経歴

上川郡上川町生まれ。国鉄職員の次男坊として、上川、幌延小学校、幌延、浜頓別中学校、旭川東高校など道北地域で育つ。
S52年 札幌医科大学卒
S56年 白血球の免疫機能の研究で医学博士号取得
S59年 札幌医科大学小児科学講座助手として札幌医大に勤務し診療と教育、研究活動に従事
S62年 国際協力事業団(JICA)医療協力専門家としてアフリカケニア共和国ケニア中央医学研究所勤務(B型肝炎ウイルス対策の指導のため)
H1年  帰国後、赤平市立病院勤務を経て平成2年 苫小牧市立総合病院小児科医長
H9年 小児科診療部長
H9年8月 たかやなぎ小児科開設
H10年8月 医療法人社団 たかやなぎ小児科 理事長

 

資格

医学博士
日本小児科学会専門医

 

所属学会、医会

日本小児科学会、北海道小児科医会、苫小牧小児科医会、日本外来小児科学会

 

公職

苫小牧市医師会 地域保健担当理事
苫小牧市医師会の地域保健に関する理事の仕事を10年間しています。乳幼児健診、予防接種、特定健診などが苫小牧市と医師会が協力して実施できるように陰で働いています。

 

その他

苫小牧マジック同好会会長、地域のマジシャンの育成に従事